富士ブランド -富士商工会議所認定品-

富士ブランド認定品

■ リラクゼーション・スリッパ ホッと!楽っす。

静岡ダンボール(有)

0545-32-1635 富士市依田橋字鴨小田236-2

旅先、車内、オフィスなどで大活躍。エコスリッパ

構成されているパーツは全て紙製品で、リサイクル可能な、ECO商品。片面ダンボールをクロス貼りして強度を高めている。旅先やオフィス、公共施設等、幅広く利用できる。また避難場所等の備蓄品としても常備でき、避難所生活のストレス軽減に役立てることができる。帯の部分には伸縮性に富んだクレープ紙を使用しており、破れにくくなっている。足裏にツボ押し効果を体感出来る。
★カラー 126円(税込)
★ナチュラル 105円(税込)

ホームページはこちら
通販専用アドレス

■どこでもロールペーパー ft-Box

(株)フジックス・トーカイ

0545-51-6848 富士市依田橋字田中132

トイレットペーパーの概念を覆すロールペーパー格納箱

高品質のトイレットペーパーをトイレで使用するだけでなく、いろいろな場所で使用できるよう考えた。これからはトイレットペーパーの概念を覆し、どこでもロールペーパーとし、ft-Boxを使用して欲しい。一枚の展開状態のシートから全てが構成された回転引出し性能に優れたロールペーパー格納箱。
2014年12月5日商標登録2015年8月14日特許取得(特許第5791752号)
★ft-Box 150円(税別)

ホームページはこちら

■鮮やか!蛍光色ファンシーペーパー「ルシオライト」

日本製紙(株)富士工場

0545-57-3250 富士市比奈798

世界初、古紙70%保証の蛍光色ファンシーペーパー

「ルシオライト」は、世界初(当社調べ)の古紙パルプ70%配合保証の蛍光色ファンシーペーパー。
古紙パルプ高配合の地球環境に優しい製品でありながら、蛍光イエロー・蛍光グリーン・蛍光ピンク・蛍光オレンジの鮮やかな4色をラインナップし、単行本の見開き、文庫本の帯、付箋紙、紙袋や封筒、紙製小物や各種チケット類など、高いインパクトの求められる用途に使用されている。

ホームページはこちら

■紙のまち“富士市”で生産している『PPC用紙 N100』

日本製紙(株)富士工場

0545-57-3250 富士市比奈798

古紙配合率100%の環境に優しい再生コピー用紙

紙のまち“富士市”で生産している唯一のPPC用紙。豊富な経験と確かな技術力で製造された古紙100%の「PPC用紙N100」はグリーン購入法適合製品。ケースには静岡県のイメージキャラクター「ふじっぴー」と静岡県の地図、そしてこだわりの富士山(宝永山付き)がデザインされており、地産地消から裾野を広げ、全国からも愛される製品を目指している。

ホームページはこちら

■富士産eco断熱

イデキョウホーム(株)・IDK(株)

イデキョウホーム(株)0545-52-7711 ・IDK(株)0545-53-1333 富士市伝法1335

新聞紙から作る断熱材 「紙のまち富士産eco断熱」

地域の新聞紙を集めて作った断熱材で家を建てる。紙の生産地富士市で紙を使った断熱材「富士産eco断熱」を製造。高い断熱性と共に紙の持つ調湿機能や防音性、添加剤のホウ酸等の力で防耐火性や防虫・防カビ性まで備えた断熱材の使用で高性能な家造りに貢献。しかも新聞紙のリサイクルで紙の地産地消を推進し、断熱材の製造時や輸送時に排出されるCO2を大きく削減することができる製品。

イデキョウホーム(株)ホームページはこちら

IDK(株)ホームページはこちら

■ダンボール製簡易トイレ「ダンレット」

富士木材(株)

0545-36-1188 富士市大淵3800-8

レジャーに、災害時に備えて安心「ダンレット」

災害時、上下水道が使えなくなった時や、仮設トイレで並ぶ時、緊急専用のトイレがあれば安心。また、レジャーや交通渋滞の時にも備えておけば安心。耐圧荷重200kgなので体重のある方も利用できる。持運びは手提げ付で約1.6kg。イラスト付取扱説明書があるので組立も簡単。付属セットは10組入。ダンボール製なので不要時はリサイクル出来る。★ダンボール製簡易トイレ「ダンレット」 3,888円(税込)

ホームページはこちら

■脱臭機能紙

森化商事

0545-71-2100 富士市鷹岡本町4-1

臭い取り紙「ひとちぎり」

紙の原料に無害な吸着炭(テクノカーボン)を抄きこみ、市販の活性消臭剤を上回る脱臭力を発揮する。特に日常生活のなかの腐った臭い・汗・尿などの嫌な臭いに効果がある。嫌な臭いの発生する所に30〜40cmちぎってご使用下さい。入れた後は袋の口を縛るか、ふたをするなど密閉すると、より効果を発揮する。
●使用例:生ごみの臭い、靴の臭い

ホームページはこちら

 

ページの先頭に戻る