富士ブランド -富士商工会議所認定品-
トップ > 富士ブランドレポート > 紙の新商品開発プロジェクト

紙の新商品開発プロジェクト

富士市から紙の新ブランド CuiorA(キオラ)発信

(22年度事業)
(植田産業株式会社) 紙の新ブランドCuiorAに継続的に取り組む事業者を支援
2010年11月 6日〜14日 第6回全国紙バンド手芸作品展in Fuji後援
2010年 9月 3日〜 7日 フランス・パリノール メゾン・エ・オブジェ出展
2010年 6月 2日〜 4日 インテリア・ライフスタイル展出展
出展企業619社の中から
ELLE DECO(エルデコ)賞を受賞
メゾン・エ・オブジェ インテリア・ライフスタイル展
(21年度事業)
(植田産業株式会社) 紙の新ブランドCuiorAに継続的に取り組む事業者を支援
2010年 2月12日〜16日 ドイツ・フランクフルト アンビエンテ国際消費財見本市出展
2010年 1月22日〜26日 フランス・パリノール メゾン・エ・オブジェ出展
2009年 7月31日 「地域資源活用売れる商品づくり支援事業」採択
2009年 6月3日〜5日 インテリア・ライフスタイル展出展
メゾン・エ・オブジェ インテリア・ライフスタイル展 インテリア・ライフスタイル展
(20年度事業)
2008年 10月30日〜11月3日 「100% Design Tokyo2008」 cuiora(キオラ)出展 会場:明治神宮外苑(東京青山)
紙加工企業の参画により、量産化に向けてバージョンアップしたサンプル商品を同展示会に出品し、国内外のデザイナーやバイヤーなどから高い評価をいただきました。
今年のブースディスプレイは、カラー紙管を使用し、「紙のまち富士市」をアピールしました。
19年度紙のカタチプロジェクトに参加した紙加工業者による作業部会において、試作品の量産化・展示会出展・全国展開について検討を行いました。

2009年 3月26日(第7回紙部会)
2008年12月 8日(第6回紙部会)
2008年11月26日(第5回紙部会)
2008年10月 9日(第4回紙部会)
2008年10月 2日(第3回紙部会)
2008年 8月12日(第2回紙部会)
2008年 7月 9日(第1回紙部会)

(19年度事業)
2007年 10月31日〜11月4日 「100% Design Tokyo2007」 cuiora(キオラ)出展 会場:明治神宮外苑(東京青山)
今回発表したプロトタイプ作品は、紙バンドを利用したバッグ、紙管を組み合わせたシェルフやライト、特殊加工した一輪挿しなどを出品しました。
展示ブースの壁面に段ボールの断面を使用したことから、その質感に興味を示す来場者もあり「紙のまち富士市」としての情報発信ができました。
2007年4月〜 19年度地域資源∞全国展開支援事業の補助を受け、デザイナーに島村卓実氏を起用し、「紙による、紙のための、紙のデザイン」をキーワードに新ブランド「cuiora」を立ち上げ。
紙で出来た花瓶やバックなど洗練されたデザインの試作品を「100% Design Tokyo」に出展し、多くの反響を呼びました。
cuiora(キオラ) HP http://www.cuiora.com/
(18年度事業)
2007年 1月19日〜21日 『第2回 和のある暮らしのカタチ展』に出展
富士ブランド事業・紙バンド作品をPR

2007年1月15日(第5回検討会)

19年度に向けた体制・スケジュール・具体的ビジネスプランを検討
2006年12月8日(第4回検討会)

島村デザイナーよりデザイン企画案が提示され、展開方法を検討
2006年10月20日(第3回検討会)

デザイナー(島村卓美氏)が参画し、紙の生産現場を確認後、意見交換を実施
2006年9月11日(第2回検討会)

高校生・高感度主婦によるグループインタビュー後にアイデア創造会議を開催
2006年7月17日(第1回検討会)

日本総合研究所の金子和夫氏の指導により、紙の可能性追求について進め方を検討
2006年6月 ○作業部会企画提案「紙のまちを全国に発信」(一部抜粋)
紙のまち富士市をPRすることで、産業振興を図るための仕掛け作りを実施していく。
ページの先頭に戻る