富士は紙のまち。

富士市は豊富な水資源、原料である木材の供給地や製品の消費地への近接などを背景に、 明治期以降の近代製紙産業が集積し、全国有数の「紙のまち」として発展してきました。 特に、衛生用紙(トイレットペーパー、ティシュなどの家庭紙)については、 国内屈指のシェアを誇っています。 また紙を用いた新機軸の製品も開発されており、 贈り物をテーマとした『富士ブランド カタログ』の表紙には 紙で作られたバンド ”紙バンド” が3年連続で採用されています。※協力:植田産業(株)

2017-2018 富士山慰斗バージョン
慶事における贈答品に添える慰斗飾りを紙バンドで富士山型に表現しました。
2018-2019 薔薇のプレゼントバージョン
富士市の花 “薔薇”を紙バンドで作り、リボンに見立てたプレゼントに表現しました。
2019-2020 富士山カラー紙袋バージョン
富士山のイメージカラー[青·紺·白]を紙バンドで編んだ紙袋に表現しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です